2006年05月29日

猫の心理テスト

今日、会社で友達と心理テストをやった。
やっぱり猫飼いとしては、猫がでてくる問題を
出さねばならぬ、ということで出したのが↓↓


雪やコンコン♪
あられやコンコン♪
猫はコタツで丸くなる〜♪
さて、もしあなたが猫だとしたらこたつのどの辺で
丸くなっているのでしょうか?


A. こたつの脇の布団

B. こたつの上

C. こたつの中の端

D. こたつの中の中央

otodo76.jpg

僕ね僕ねD!!!
姉ちゃんは?

姉ちゃんも最初にやった時はDだった!!
やったね、姉ちゃんとおとどと通じあってるね♪

otodo75.JPG

・・・・・・そっかな。
そうでもないような気もしないでもないような気が・・


猫心理テスト結果

ニックネーム 氷川 at 23:21| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

身柄拘束

朝は誰しも爽やかに目覚めたいもの。
それをぶち壊すモノがいた。

曇りだけど部屋の空気入れ替えるか〜とばかりに窓辺に。
そこには・・・

hatiue.jpg

それは姉ちゃんが唯一枯らさない植物。
ワイルドベリーのような気がします。
こういう風にしたのはいったい誰なんでしょう?
おとどに聞いてみた。

otodo73.jpg

・・・・・・ん〜と。
えと・・・ね、ん〜知らない。

その割には目を合わせないよね。
正直に言わないと、腹もふもふしまくりますよ。

ふてぶてしくシラをきりまくるおとどだったが、
『腹もふもふ』と聞いて観念したようだ。

「判決を言い渡ぁ〜す!
 禁固20分の刑に処す!!」

まぁ、掃除するしな。
というわけで、禁固20分の刑。

otodo74.jpg

・・・・・面会を。弁護人を。情状酌量を。
ニックネーム 氷川 at 19:47| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

優しい人

九州が梅雨入りしたと姉ちゃんが言ってた。
梅雨ってなんだろう。
僕、9月生まれだから梅雨を体験するの初めて。
そんな僕に梅雨の時ってこうやって傘をさすんだよ、
って教えてくれた人がいた。

otodo71-1.jpg

これが傘ってやつなんだ。

otodo72.JPG

なんか緑の良いにおいがするね。


でね、その人、
「かわいいおとどくんへのプレゼントだよ」
ってドスの効いた低い声で言っていなくなっちゃった。
僕・・・ちょっと寂しい。

あの優しい人にもう一度会いたい。

みんなも見る?
僕に優しくしてくれた人。


優しい人
ニックネーム 氷川 at 22:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 捏造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

今日は僕の勝ち

かくれんぼが大好きなおとど。
今日も帰ったらいきなりかくれんぼモードに突入
していた。

otodo67.JPG

姉ちゃんには見つけられないよ!

思いっきり見つかってるのだが、遊びにつきあう
ことにする。

「あれ?
 おとど〜! おとど〜!!
 ただいま〜、どこいっちゃったんだろう」

目の前のおとどをほったらかしに、全然違う方向
を探し続ける。

ずばっ。だだだだだだ。ごそごそごそ。

視界の端を白黒の物体が通過。

otodo67-2.JPG

ここも見つからないよ♪

どたっ。たたたたたたた。

otodo67−4.jpg

こっちも見つからないよ♪


・・・・・・・いやいや、かわいいおとどのため。
「おとど〜? おとど〜?」

たたたたたたたたたたっ

4、5回繰り返すとさすがに飽きたのか。
いきなり目の前に現れる。

「あ〜なんだ〜! 全然見つからなかったよ〜!
 おとどはここにいたんだ〜」

満足そうだ。めちゃ得意気だ。
良かったな(涙)
ああよかった、よかった、よかった、よかった。
頭さえ隠していれば見つからないと思っている
おとどの脳みそに乾杯(T△T)ウァーン

otodo70.JPG

ふふん♪
いっつも僕をいらかったりするからだ。
今日は僕の勝ち!
ニックネーム 氷川 at 23:19| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

雷鳴と共に出でる

雷がすごかった。
音もそうだけど、いやもうそりゃびかびか光って。
そんな中、果敢に排泄行為に挑んだおとど。

otodo63.JPG

んちするの。んち。


しかし、自然は甘くなかった。
ものすっごい雷鳴がおとどを襲った。
一気にトイレから飛び出て、不思議な踊りを踊り、
ピンクのかわいいおちり穴を床にずりずりしながら移動。
姉ちゃんはわけがわからず、その姿も撮れず、
あっけにとられるばかり。
何が起こったんだ?

otodo64.jpg

・・・・くさいんですが。
あえて隠させてもらいましたが、この微妙なビー玉ほどの
大きさの茶色っぽいブツは何ですか?

その後。
ご飯もらう時にも
『んち漏らしたおとどにご飯あげるね〜』
遊んでと催促するときにも
『ん〜んち漏らしたけど遊んであげるね♪』
(↑かわいそうだろ、やめといてやれよ・・・)

otodo66.jpg

ぼくもういいんだ。
なにもこわいものないんだ。
あ〜そうですよ!!!
んち漏らしましたよ、んちを!!!!

ニックネーム 氷川 at 22:37| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

僕の変身

僕ね、今日ね、変身っていうものしようと思った。
姉ちゃんを大喜びさせようと思ったの。

だって姉ちゃんたらテレビ見てて速水もこみち
っていう人とか出ると
『いけめーん!いけめーん!』
『いっけめん! いっけめん!』
ってうるさいの。

「いけめんてなに?」
って猫の神様に聞いたら
「男前のことだよ。ハンサムのこと」
だって。
僕だってハンサムなのにね。
でももうちょっとかっこよくなってみようと頑張った。
ちょうど姉ちゃんご飯作って僕のことほったらかし。

otodo60.JPG

あ、ご飯できたとか言ってる・・・
あせあせ。

otodo61.JPG

ふっ。
どう?僕いけてる?

『おとどぉ! 
 それ姉ちゃんの服じゃない! 他にいたずらしてない!?
 あんたは目を離すと何するかわからないんだから!』


otodo62.JPG

・・・ひどいや・・・姉ちゃん。
うきゃーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
ニックネーム 氷川 at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

猫用綿菓子

たまには『おやつ』も必要だろう。
そう考え、おとどにおやつをプレゼントすることに。
生後7ヶ月、もうすぐ8ヶ月。
人間でいうと12歳あたりかな。
育ち盛り、食べ盛り。
さてさて何が良いかな? とごそごそ家捜し。
おおっ!
そういやこの前100円ショップで買ったのがあった!
おとど!! 猫用綿菓子だよ!

otodo55.jpg

ふんふん匂いをかぎ、喰らいつくおとど。

otodo56.jpg

この時点で、不安がよぎる。
あ、あの・・・おとど?
姉ちゃんはおとどがそんなに馬鹿じゃないと信じてるよ。

otodo57.jpg

おーまいがー。
やっぱり、やっぱりなんだね(涙)
ごめんなさい。姉ちゃんがすっごく悪かったです。
本当すみませぬ(平謝)
それは・・・それは・・・
綿菓子ではなく、耳をほじほじするものです(涙)


otodo58.jpg

・・・・猫用綿菓子のなれの果て。

otodo59.jpg

姉ちゃん、姉ちゃん、ふわふわしてたよ!
あれが綿菓子ってやつなんだね!!
でもねでもね、なんかね僕の中の僕が納得いってないよ。
何かがおかしいし。
何かが違う気がするよ。
ニックネーム 氷川 at 00:58| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

室内猫の危険話その2

その2
最近、お邪魔させていただいている
ぼくたち ピンクレディ』のmamachan様のブログに
書いてあったこと。

異物混入
異物混入2
異物混入3

の記事を読んでいただけるとわかると思う。
(mamachan様、記事にリンクさせていただきました。
 御了承ありがとうございます)

もし、気が付かなかったら?!
メーカーの対応ってそんなもの?
と、猫の心配と同時にメーカーの対応に怒りというよりは
呆れてしまった。

何気ない日常の中で、もし自分が遭遇してしまったら・・
そう考えさせられる猫の危険話その1&その2だった。

もちろん、この2つの話だけが危険だというわけでもなく、
他にももっともっと危険なことがいっぱいあるけれども
油の事故の話も、猫缶の異物混入の話も、時間を置かずに
聞いたので書いてしまった。

いつもおちゃらけている私に真面目な話は似合わないこと
このうえなし。
お付き合いありがとうございました。
ニックネーム 氷川 at 22:20| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室内猫の危険話その1

似合わないけれど真面目な話を書いてみようと思った。

その1
ヒステリーキャット様のコメントに書いた油の危険な話。

これは友人Aから聞いた話・・・

友人Aの友達(私は面識はない)の飼い猫さん。
室内飼いで大事に飼われていたらしい。
ある日、天ぷらを揚げていたところ、何を思ったのか
その猫さんが天ぷら鍋にダイブ。
即病院に行き何とか命だけはとりとめた、という状態で
半年以上も入院中。

正直、入院費&治療費もはんぱないらしく、その友達は
猫の心配と経済面の両方でやつれ果てていると云う。

誤解のないように断っておきたいのは、ここで「安楽死」
うんぬんの話を持ち出そうとしているのではなく、ただ、
こういうケース(レアケースだとは思うけれど)もあると
いう話。


ニックネーム 氷川 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

非常袋

すごい雨が降っている。
暴雨だ。
もしかすると水害の被害にあうかもしれない。

そう考えて非常袋を点検することにした。
中にはタオルや携帯の簡易充電器、薬の他に水や食料等。

去年もこの時期に非常袋作ったなぁ、と食料を取り出す。
食料や水は入れ替え。

そこでふと気が付いた。
嗚呼、そうだった。
去年はおとどがいなかったんだ・・・
光速で非常袋に猫缶とカリカリを準備。
ふぅ。これで大丈夫。
あとはおとどを連れて逃げられるかどうかだけ。

いや・・おとどのことだからパニくってどこかへ行って
しまうかも知れない。
そう考え、おとど用の非常首巻(カリカリ入)を作った。

otodo52.JPG

姉ちゃん、動けない・・・


・・・・気に入らなかったらしく


ぐばぁっっと非常首巻を蹴り飛ばし、

otodo53.JPG

じゃまにゃ!
うざいにゃ!!


走り回り、簡易棚の下に隠れて・・・踊ってた。


otodo54.JPG

あら、さのよいよいよい


暴雨、おそるべし。
ニックネーム 氷川 at 23:42| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする