2006年04月07日

蹴鞠ならぬ・・・

おとどは遊ぶのも仕事。
今日も元気にたったかたーと走り回り、転げまくる。
飽きると『かまってぇ〜』と鳴き、肩に乗って甘えまくり
それにも飽きるとまたたったかたーと走り回る。

姉ちゃんがご飯の準備をしている時、おとどくんはとても
邪魔をしてくれます。
とにかくいつでも『かまってぇ〜僕を見て〜』状態。
ご飯の準備に専念したい姉ちゃんは、おとどに遊びを提供
することにした。

新秘密兵器!

蹴鞠ならぬ、蹴紙球。

新聞の広告のつるつるしていない紙を丸めてぎゅうぎゅう
に固めたボールを作る。
瞳がきらりん♪ と輝きを増して、「何それ?それ何?」
とわくわくしながら側に猫座りでその時を待つおとど。

びゅん。
だだだだだだだだだだ。
追いかけて、器用に紙球を転がしてかじりつき抱えながら
猫キック。
姉ちゃんはおとどの様子を確認して、再びご飯作りに戻る。

「うな〜ん、くるるるる」
「へ?」
おとどくん、構って鳴き声。
「あれ? 紙球は? どこやったの?」
「なう〜ん」
いつの間にか消えているよ、おい。
台所邪魔されたくない姉ちゃんは、再び紙球を作り投げる。
以下同じ動作が続く。
作っても作っても無くなるミラクル紙球。

「うしっ、ご飯作り終わりー・・・ん?」
発見しました。

そこは紙球の墓場。

役目を終え、累々と静かに横たわっている数多くの紙球。

鏡台のイスの下が、おとどの秘密基地ならぬ栄光のゴール
だったんだね(涙)


otodo19.jpg

だめ。
僕の秘密基地なんだ!
ここにゴールして得点いっぱいなんだよ。
すごいでしょ。僕の勝ち。
あ、あ、姉ちゃん片付けちゃだめ!

ニックネーム 氷川 at 21:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする